<< 一覧に戻る

見る脂質のページ

家族性高コレステロール血症(PCSK9,ARH)と黄色腫,動脈硬化

小倉正恒斯波真理子

The Lipid Vol.25 No.2, 4-10, 2014

[はじめに] 1973年にKhachadurianらは, 遺伝的な背景をもつ高コレステロール血症で優性遺伝形式をとる家系と劣性遺伝形式をとる家系を報告した1). 優性遺伝形式をとる高コレステロール血症については, 後にGoldsteinとBrownがLDL受容体遺伝子の変異が原因であることを突き止め2), 家族性高コレステロール血症(FH)とよばれるようになった. 一方でFHの表現型を示す者の中にLDL受容体遺伝子に変異を認めない患者が存在することも明らかになってきた. 1986年にはLDL受容体に対するリガンドであるアポリポ蛋白B-100 (apoB)遺伝子の変異によりLDL受容体との結合親和性が低下し, FHの病態を示すfamilial defective apoB-100 (FDB)の報告がなされた3). さらに1999年にはLDL受容体, apoBのいずれにも異常を認めない常染色体優性遺伝形式をとる新しい家族性高コレステロール血症が報告され, 2003年にポジショナルクローニング法によってproprotein convertase subtilisin kexin 9 (PCSK9)遺伝子がAbifadelらにより同定された4).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る