<< 一覧に戻る

巻頭言

LDLコレステロール直接測定法の問題点と今後

木下誠

The Lipid Vol.24 No.4, 1, 2013

動脈硬化の最も重要なリスクは高LDLコレステロール(LDL-C)血症である. このLDL-Cの求め方に関して, 現場で少し混乱が起きている. 元来LDL-CはFriedewaldの計算式で求められることが一般的であった. ただ, この式は食後採血の場合には適応できないことや, トリグリセライド(TG)が高値になれば誤差が大きくなることなどの問題点があった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る