<< 一覧に戻る

見る脂質のページ

最先端可視化技術がもたらすサイエンスへのインパクト―Visualization does not need legends― 生きたマウス体内の多次元蛍光生体イメージング

三輪佳宏田中順子

The Lipid Vol.24 No.1, 4-10, 2013

「蛍光ライブイメージングの発展」2012年は, 蛍光蛋白質で2008年にノーベル賞を受賞された下村脩先生が, GFP発見の論文1)を出された1962年から50周年, またノーベル賞は受賞できなかったが, GFPの遺伝子をクローニングし現在の蛍光ライブイメージングの端緒となった1992年のPrasherの論文2)からちょうど20周年にあたる. このわずか20年の間に, 蛍光蛋白質を応用したイメージング技術は爆発的に進化し, 生命科学分野のスタンダードな実験手法として完全に定着した. 生きた培養細胞内でのさまざまな蛋白質の挙動はもちろん, 比較的透明度の高い生物でのwhole bodyイメージングや, 哺乳動物でのintravitalイメージングもますます盛んになっている. マウスを使って, 疾患の解明やその治療法の開発を目的に研究する場合, 数カ月程度の期間にわたって, 毎週1回や数日おきぐらいの間隔で病態のイメージング解析を継続したい状況が出てくる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る