<< 一覧に戻る

症例検討 脂質代謝異常症への多角的アプローチ

機能喪失型PCSK9遺伝子変異複合ヘテロ接合体の一例

野口徹野原淳小林淳二馬渕宏

The Lipid Vol.23 No.3, 96-101, 2012

「はじめに」Proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9)はセリンプロテアーゼの一種で, 692アミノ酸からなる分子量約74kDaの蛋白質である. 主に肝臓や小腸, 腎臓などで合成された後, 血中に分泌されたPCSK9は, epidermal growth factor-like repeat A (EGF-A)領域を介して肝臓のLDL受容体(LDL receptor; LDLR)と結合し, LDLRをライソソームに移行させて分解へと導く1, 2). LDLRは, 本来の標的であるLDLコレステロール(LDL-C)と結合して細胞内へと取り込まれた場合には, エンドソームの酸性条件下でLDL-Cと分離し, 適切に構造変化することで細胞表面へ移行して再利用される3). 一方, PCSK9とLDLRとの結合は酸性条件下でより強固になることが知られている4).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る