<< 一覧に戻る

新しいマクロファージ

Ⅱ.病態 マクロファージと「コレステロール逆転送」

横山信治

The Lipid Vol.22 No.2, 81-87, 2011

Summary
 コレステロール逆転送系は,末梢細胞で異化できないコレステロール分子を胆汁酸に異化するために肝臓へと運ぶシステムである.したがって,細胞コレステロールの上昇を感知して,これを細胞外に排出するのがその第一歩となる.これには,界面活性ヘリックス型アポリポ蛋白質と細胞脂質からのHDL粒子新生を触媒する膜蛋白質ABCA1と細胞外リポ蛋白質への膜コレステロールの放出を触媒するABCG1やSR-B1などのシステムがあり,LXRを介して発現が増加する.マクロファージからのコレステロール放出においても基本的には同じシステムが,apoptosisやそのほかの理由で死滅した細胞の処理を行うため,ほかの細胞よりは積極的にコレステロールを搬出しうると考えられ,その一つが界面活性ヘリックス型アポリポ蛋白質であるアポEを自ら合成しABCA1の助けを借りてアポE-HDLを新生できる.

Key Words
●Macrophages ●Apolipoprotein ●ABCA1 ●HDL ●cholesterol

HDLの臨床的意義

 血漿HDL濃度が低いほど冠状動脈疾患のリスクは増し高いほど減少するという関係は動かしがたい疫学的事実である.また,培養細胞にHDLを作用させると,細胞-コレステロール(CH)がHDLにより「引き抜かれる」ことも,ほぼ間違いがない実験観察結果である.この二つの流れから,HDLは動脈硬化発症に対する「防御因子」として働いていると考えられている.そして,これは,HDLが,末梢細胞では異化できないCHを回収しその異化のために肝臓へと輸送する経路,いわゆる「コレステロール逆転送」で中心的役割を演ずることと関連があると考えられる.わが国の虚血性心疾患の発症への公衆衛生学的寄与を考えると,LDL上昇よりはHDL低下がむしろ大きく寄与していることを示唆する成績は多い.名古屋市立大学における検討でも,冠状動脈造影実施患者における冠状動脈の狭窄は,総CHやLDL-Cよりもトリグリセライド(TG)やHDL-Cとの相関がより強く認められる1, 2)(図1,2).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る