<< 一覧に戻る

新しいマクロファージ

Ⅱ.病態 ケモカインとマクロファージ

高橋将文

The Lipid Vol.22 No.2, 48-52, 2011

Summary
 ケモカインは,白血球に対する遊走活性をもつサイトカインであり,その作用は炎症部位への白血球の集簇制御に留まらず,末梢リンパ器官へのリンパ球のホーミング制御による恒常性の維持,AIDSウイルスの補助受容体としての役割など多彩である.近年,単球/マクロファージはいくつかのサブセットに分類されてきているが,ケモカイン受容体はそのマーカーのひとつとなっており,さらにはケモカイン/ケモカイン受容体によって単球/マクロファージの炎症部位への集簇や分化過程が制御されていることも明らかとなってきた.単球/マクロファージは特に慢性炎症において中心的な役割を果たしていることから,そのケモカイン/ケモカイン受容体は慢性炎症性疾患として知られる動脈硬化の形成においても重要である.

Key Words
●炎症 ●白血球 ●サイトカイン ●ケモタキシス ●M1/M2

はじめに

 マクロファージは,生体各所に存在して貪食作用を示す細胞であるが,病原体に対する生体防御において中心的な役割を担っているだけでなく,種々の代謝反応や炎症関連物質の産生・分泌においても重要な役割を果たしている.マクロファージは,正常組織に存在する組織(在住)マクロファージと炎症などの刺激によって動員される単球由来の滲出マクロファージに大別される1).組織マクロファージはその存在部位に応じて肝クッパー細胞,肺胞および腹腔マクロファージ,皮膚ランゲルハンス細胞といった名称でよばれているが,これら局所に存在する組織マクロファージも炎症部位に集簇してくる滲出マクロファージも,共に骨髄由来の単球から派生すると考えられており,単核食細胞系(mononuclear phagocyte system;MPS)という概念で総称されている.
 マクロファージは不均一(heterogenous)な細胞集団であり,マクロファージの活性化状態などによる分類が近年,提唱されている2).代表的な分類として,T細胞におけるTh1サイトカイン(IFN-γ)によって活性化されたものをM1あるいは古典的活性化(classically activated)マクロファージ,Th2サイトカイン(IL-4/IL-13)によって活性化されたものをM2あるいは選択的活性化(alternatively activated)マクロファージと称している.さらに,M2マクロファージは,IL-4とIL-13で誘導されるM2a,免疫複合体やリポポリサッカライド(LPS)で誘導されるM2b,IL-10やグルココルチコイドで誘導されるM2cという分類も提唱されている3).また,マクロファージの前段階である単球も表面マーカーであるLy6Cとケモカイン受容体CX3CR1の発現レベルによって,常在性(resident)と炎症性(inflammatory)単球サブセットとする分類も提唱されている4).このように,さまざまなサブセットが明らかとなってきたT細胞と同様に,単球/マクロファージも分類化がなされてきており,それぞれのサブセットの役割やそのマーカーが注目されている.

ケモカインとは

 ケモカイン(chemokine)とは,白血球(炎症細胞)に対する遊走活性(chemotactic activity)をもつ分子量8~16kDaの比較的低分子のサイトカイン(cytokine)であり,現在ヒトでは約50種類のケモカインが知られている.そのアミノ酸構造には共通性があり,四つのシステイン残基(C)をもつという特徴がある.ケモカインは,そのN末端側のはじめの2個のC残基が形成するモチーフによって二つのC残基の間に一つのアミノ酸が入るCXCケモカインと二つのC残基が並んでいるCCケモカインに分類され,ほとんどのケモカインはこのいずれかに含まれる.また,少数ではあるが,特殊な構造のケモカインサブファミリーとして,CケモカインとCX3Cケモカインがある.これらケモカインは,これまで使用されていた名称があるが,近年新たに名称の標準化がなされている(図1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る