<< 一覧に戻る

新しいマクロファージ

Ⅰ.生理機能 マクロファージの分化と機能

内藤眞

The Lipid Vol.22 No.2, 16-23, 2011

Summary
 マクロファージ(macrophage)は活発な貪食能を特徴とする細胞で,取り込んだ物質をライソゾーム内で消化,分解する能力が高い.また,種々の物質を分泌する細胞でもある.貪食と分泌機能を介して,免疫システムの中心的役割を担うと同時に種々の代謝にも密接に関与する.マクロファージ前駆細胞は骨髄で産生され,単球に分化して血中を循環し,通常血管外に出てマクロファージに分化する.マクロファージ前駆細胞は多様な機構によって種々の機能を保有する組織マクロファージになり,組織特異的な機能を発揮する.M- CSFやGM-CSFなどの増殖因子はマクロファージの分化環境を規定する重要な因子である.

Key words
●マクロファージ ●分化 ●マクロファージコロニー刺激因子(M-CSF) ●顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)

はじめに

 マクロファージ(macrophage)は系統発生的に単細胞を除くすべての動物に存在するアメーバ状の細胞である.造血幹細胞に由来する白血球の一種で,大食細胞,貪食細胞,専業食細胞(professional phagocyte)ともよばれる.マクロファージの細胞表面には多数のヴェール状の襞,糸状突起,偽足,微絨毛があり,付着や取り込み機能を発揮する(図1~4).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る