<< 一覧に戻る

遺伝子操作実験動物-2 α-TTPノックアウトマウス

The Lipid Vol.22 No.1, 4-9, 2011

はじめに
 脂質は生体にとって必須成分であるが,水に溶けにくい特性を有するため,その動態を制御する特殊なマシナリーが必要である.細胞内脂質輸送蛋白質は脂質分子と結合することでその溶解性を高め,脂質の代謝,輸送,貯蔵など,細胞内における脂質の恒常性を制御している.われわれは,脂質結合蛋白質のひとつであるα-tocopherol transfer protein(α-TTP)を世界に先駆けて精製,クローニングし,その生理的意義について解析を行ってきた.本稿では,α-TTPのノックアウトマウスの解析から得られた知見を紹介し,生体内におけるα-TTPの機能について考察したい.

記事全文を読む »

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

連載