<< 一覧に戻る

脂質研究の過去・現在・未来―創刊100号を迎えて―

(Up To Date)HDLの多面的機能とDysfunctional HDL

山下静也

The Lipid Vol.21 No.4, 61-67, 2010

「Summary」血清高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール(HDL-C)値の低下は冠動脈疾患の独立した危険因子であり, HDLは動脈硬化防御作用を有するリポ蛋白である. 血管壁に蓄積した過剰なコレステロールはHDLやその構成アポ蛋白であるアポ蛋白A-Iによって引き抜かれ, HDL中へ組み込まれた後, HDL中のコレステロールエステル(CE)はコレステロールエステル転送蛋白(CETP)により, VLDL, IDL, LDLなどのリポ蛋白へ転送され, 最終的に肝臓へ戻る. HDLは従来, このような組織からのコレステロール引き抜き(Cholesterol efflux)と肝臓へのコレステロール転送という機能を有すると考えられてきたが, 最近では抗酸化作用, 抗炎症作用, 抗血栓作用, 内皮傷害改善作用, 血管拡張作用, 抗感染作用, 抗アポトーシス作用, 抗糖尿病作用など, 多面的機能も有することが解明されてきた. さらには, 種々の原因により, このような機能に異常をきたし, Functional HDLがDysfunctional HDLと変化することも明らかになってきた. 本稿ではHDLの多面的機能とその異常について述べる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る