<< 一覧に戻る

脂質研究の過去・現在・未来―創刊100号を迎えて―

(100号によせて)脂(あぶら)を売って生きた人間50年

山本章

The Lipid Vol.21 No.4, 30-32, 2010

「節目と出会い」今年で78歳. 大阪大学で脂質の研究を始めたのが1958(昭和33)年なので, ちょうど50年間あぶら(Lipid)と付き合ってきたことになる. 脂肪肝が最初の研究対象であった. 当時は「コレステロールが低いと肝機能障害を考える」とは習っても, 高脂血症について習った医学生はほとんどいなかったであろう. 国立循環器病センターに移ったのは1988(昭和53)年であったが, 当時の心臓専門医は高血圧や血栓の意義は十分認識していても, コレステロールについて関心をもつ人は極わずかであったし, 耐糖能異常を調べる医師も少なかった. アメリカでの調査でも, コレステロールに関心をもつ医師は20%程度しかいなかったという. コレステロールへの認識がここまで高くなったのは, 抗高脂血症薬としてスタチンが市販されるようになり, コレステロールを下げることで粥状動脈硬化が退縮し, 虚血性心臓病が治療・予防できることが明らかにされたからである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る