<< 一覧に戻る

脂質研究の過去・現在・未来―創刊100号を迎えて―

(100号によせて)IMAGINE THE FUTURE.

山田信博

The Lipid Vol.21 No.4, 28-29, 2010

筑波大学では, 本学の前身である東京教育大学の学長を務めるなど, 本学にゆかりのあるノーベル物理学賞受賞者の朝永振一郎博士の功績を称え, それを後続の若い世代に伝えていくとともに, 小・中・高校生を対象に自然や科学への関心と芽を育てることを目的とした「科学の芽」賞コンクールを行っています. 朝永振一郎博士が科学について述べた次のような文が残っています. 「ふしぎだと思うこと これが科学の芽です よく観察してたしかめ そして考えること これが科学の茎です そうして最後になぞがとける これが科学の花です」これまでに「科学の芽」賞には, 日本国内のみならず海外からも多くの応募があり, 若い人たちの新鮮な発想や, 柔軟な観察眼に接することが毎回楽しみになっています. 不思議なことや未来のことを想像すると興味は尽きません. 私たちは未来を想像しながら未来を開きたいと思っています. 筑波大学では想像することが未来を開くと考え, 筑波大学のスローガンをIMAGINE THE FUTURE.と表現しています.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る