<< 一覧に戻る

脂質研究の過去・現在・未来―創刊100号を迎えて―

(100号によせて)Is Hundred Years' Cholesterol War Over?

馬渕宏

The Lipid Vol.21 No.4, 25-27, 2010

「病気との戦い」(闘病)は個人の問題であるが, 「疾患との戦い」となれば人類の課題となる. 感染症における病原菌の発見とその撲滅はまさに戦争である. コレステロールと動脈硬化に関する論争は約100年前(1908年)のPinkus & Pickが黄色腫の中にコレステロール結晶を証明したころから始まっている. その後, 家族性高コレステロール血症(FH)にみられる黄色腫と動脈硬化の関係が示唆され, 動脈硬化のコレステロール原因説がいわれるようになった. 1913年Anitschkowは家兎にコレステロール食を負荷し, 人と同様の動脈硬化が発生することを明らかにした. 彼の業績を顕彰して, 2010年度のヨーロッパ動脈硬化学会のAnitschkow賞はBrown博士(1985年ノーベル賞)に贈られた. わが国では1922年, 山川章太郎先生, 柏原正己先生がホモFHと思われる35歳の男性で全身性黄色腫と心症状を伴う1例を発表した1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る