<< 一覧に戻る

脂質研究の過去・現在・未来―創刊100号を迎えて―

(100号によせて)コレステロールと動脈硬化研究の歩み

北徹

The Lipid Vol.21 No.4, 16-18, 2010

私は, 大学院時代に将来動脈硬化研究に携わりたいと思い, その方面の教科書・論文に可能な限り目を通すことを日課にしていた. なかでも印象深かったのは, C.von Rokitansky博士とR.Virchow博士の論争である. 19世紀における代表的病理学者であるC.von Rokitansky博士とR.Virchow博士らは, 「動脈硬化病変は細胞浸潤を伴う炎症性増殖病変」であるとしたが, Virchowは病変はprimaryとしたのに, Rokitanskyは血栓に対する2次反応であるとした! 後に, オーストリアの学者Wick博士らは, Rokitansky博士の178年前の病理標本を用い, 免疫組織学的手法を駆使して, 動脈硬化の初期病変の特徴はCD3陽性のT細胞の集積であったとした1). 現在では, 多くの研究者の賛同を得ているところである2-5). 一方, 実験的動脈硬化研究はロシアの研究者であるAnitschkowに始まるといっても過言ではない.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る