<< 検索結果に戻る

【各論】1.1型糖尿病とウイルス感染症

Diabetes Frontier Vol.28 No.4, 398-406, 2017

1型糖尿病は特有の遺伝因子を背景に,免疫反応,環境因子により膵β細胞の廃絶が起こる疾患である。環境因子としては,ウイルス感染が重要であるが,食物因子,成長,毒素,膵管異常なども挙げられている。本稿では,ウイルス感染と引き続く免疫反応,特に自然免疫反応と1型糖尿病発症との関連について最近の知見をもとに解説する。
「KEY WORDS」エンテロウイルス,ヘルペスウイルス,ロタウイルス,自然免疫,自己免疫

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録