<< 一覧に戻る

先制医療における栄養の役割―ライフコースヘルスケア―

児童・生徒の栄養:食育

三成由美徳井教孝

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 129-135, 2017

近年,小学校・中学校の子どもにおいては,偏った栄養摂取の在り方,朝食の欠食など食生活の乱れによる肥満・痩身,また生活習慣病の若年化により健康を取り巻く問題が深刻化されている。こうした現状を踏まえて,2005年に食育基本法が,2006年に食育推進基本計画が制定され,学校現場においても積極的に食育が取り組まれている。特に,学校現場では,食に関する指導を本務とする栄養教諭の配置が開始されて12年目を迎えている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る