<< 一覧に戻る

特集 日本人糖尿病の大規模臨床・疫学研究

特集にあたって

曽根博仁

Diabetes Frontier Vol.26 No.6, 693, 2015

「日本人あるいは東アジア人の糖尿病は,欧米人の糖尿病とは病態や表現型が異なる」-このわれわれ日本の専門医にとってはごく当たり前の事実が,欧米の糖尿病専門医の間にも,多少は認識されるようになったのは比較的最近のことである。一昔前には,「普通に患者を集めて行った研究を欧米誌に投稿したら,査読で“2型糖尿病患者の平均BMIがそんなに低いはずはないので,恣意的に対象者を選別した疑いがある”と指摘され,説明しても納得してもらえない」というような相談をよく受けた。極東の小国の患者を集めた臨床研究論文など,どうせ欧米一流誌には掲載されないので,基礎研究をやったほうがいい,とまでささやかれていた時代である。最近はさすがにそのような話は少なくなり,逆に米国内でも,マイノリティーとしてのAsian Americanの健康問題と特殊性が取り上げられるようになっている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る