<< 一覧に戻る

特集 糖尿病と精神疾患

糖尿病と認知行動療法

熊野宏昭

Diabetes Frontier Vol.25 No.3, 307-311, 2014

「はじめに」糖尿病(特に2型)は, さまざまな生活習慣病のなかでも, 患者本人のセルフケア行動の治療に占める役割が非常に大きい. そして, セルフケア行動は, 毎日の生活のなかで継続的に実行していく必要があるため, 単にその必要性を説明するだけで実施できるようになることは難しい. そのため, 生活習慣を変容するための専門的介入法としての認知行動療法(cognitive behavior therapy: CBT)が適用されてきている. 「I. 生活習慣が変わりにくい理由」生活習慣が変わりにくい理由は, まさにそれが「習慣=クセ」であるからである. クセとは, 意識しなければ毎日の生活のなかで繰り返してしまう行動パターンのことである. つまり, われわれの身についている行動とは, 環境との相互作用やこれまでの経験で決まってくる部分が大きく, その時々の自らの自由意志で決められる部分が思いのほか小さいのである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る