<< 一覧に戻る

特集 糖尿病と精神疾患

ストレスと糖尿病発症・耐糖能

加藤昌之

Diabetes Frontier Vol.25 No.3, 275-285, 2014

「はじめに」ストレスはいろいろな病気の原因になりうると考えられている. 糖尿病についてもストレスが原因の1つとなっているという考えは昔からあった. たとえば, 今から約300年以上前に英国の医師Thomas Willisは糖尿病について, 悲しみや長く続く悲嘆がこの病気を起こす, と記している1). 本稿では, ストレスおよびストレスに関連すると考えられている種々の状態と糖尿病・耐糖能との関係についての研究結果およびストレスと糖尿病・耐糖能との関連において想定されるメカニズムについて紹介する. なお, 同様の内容について昨年10月に別誌に書いている2). 本稿ではできるだけ新しい結果も入れるよう努めたが内容の重複がある点はご容赦願いたい. 「I. 抑うつ, 不安と糖尿病」うつ病はストレスによる現代的病理の代表的なものであり, 現代のストレス社会でのうつ病の増加は社会的問題にもなっている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る