<< 一覧に戻る

目でみるページ 糖尿病の新しい検査・治療測定機器

CGM+インスリンポンプ

広瀬正和川村智行

Diabetes Frontier Vol.22 No.6, 591-595, 2011

血糖値を液晶画面で確認しながらボタン操作で血糖コントロール
 インスリン治療デバイス,血糖測定器は近年急速な発展を遂げている。インスリンはペン型インスリンからインスリンポンプへ,血糖測定器は小型化,測定時間の短縮から持続血糖モニタリング(continuous glucose monitoring:CGM)へと大きく変化しつつある。日本でも2010年よりMedtronic社のCGMS Gold®が利用できるようになったが,センサ部分とモニタリング機械とがチューブでつながっていること,リアルタイムに血糖値が表示されず,パソコン上でダウンロードしたデータを用いて解析しなければならないなどの不便な点もある。しかし,今までわからなかった詳細な血糖値の日内変動を把握できるようになったことは糖尿病治療に大きな変化をもたらすであろう。

血糖値を液晶画面で確認しながらボタン操作で血糖コントロール(続き)

 欧米ではすでにCGMは随時血糖値が表示されるReal-time CGMが使用され,小型のセンサ部分とディスプレイ部分がワイヤレス化されており使い勝手もよい。Real-time CGMとインスリンポンプを併用することで,随時表示される血糖値をみながらインスリンポンプでボタン操作だけでインスリン注入を行える。さらに低血糖や高血糖時のアラーム機能も備えている。
 欠点としては,血糖モニタリングとインスリン注入用の2ヵ所穿刺が必要なこと,CGMは血糖値ではなく皮下の間質液中の糖濃度を測定していること,タイムラグがあること,1日数回のキャリブレーションが必要なことなどが挙げられる。
 残念ながら,わが国ではCGMセンサとディスプレイ間の無線電波がすでに国内で携帯電話や無線で使用されている周波数と重なり電波法に抵触することから,現在利用できない状況である。しかし,その機能と欧米での実績からわが国でも早く利用できるようになることが望まれる。

欧米のインスリンポンプ,CGM 治療

 欧米で主に利用されているインスリンポンプの特徴,血糖測定器,CGMとのリンク機能について表,図1~3に示す。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る