<< 一覧に戻る

糖尿病網膜症診療の最前線

糖尿病網膜症における網膜レーザー凝固

村田敏規

Diabetes Frontier Vol.22 No.4, 385-389, 2011

はじめに
 すべての糖尿病患者には,眼科的に無治療であれば失明に至るリスクがあるといっても過言ではない。網膜レーザー凝固は糖尿病網膜症による失明を激減させてきた治療である。その役割は大きく2つある。
①網膜血管新生を抑制して,完全失明を予防する。
②糖尿病黄斑浮腫を治療して,良好な視力を維持する。
 とはいえ,網膜レーザー凝固で,すべての糖尿病網膜症を失明から救うことはできない。また,すべての糖尿病黄斑浮腫の治療が可能なわけではない。しかし,網膜レーザー凝固は失明予防の鍵となる治療であることは間違いなく,近年の糖尿病患者の急速な増加に伴い,網膜レーザー凝固がなければ,失明者数が激増していたと考えられる。
 さらに最近では,黄斑浮腫に対して網膜レーザー凝固と徐放性ステロイドや抗血管内皮細胞増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)薬との併用療法が行われるようになっている。これらの治療は,良好な視力維持,さらにはいったん低下した視力の回復のために,有効な治療法として発展しつつある。

key words
糖尿病網膜症/索引性網膜剥離/糖尿病黄斑浮腫/血管新生緑内障

I.糖尿病網膜症と網膜レーザー凝固をVEGFの働きから捉える

 網膜レーザー凝固は1970年代から,臨床経験を基に発展してきた治療法であり,その奏効機序は必ずしも解明されていない。
 一方で,糖尿病網膜症の発症に関しては研究が進んでいる。糖尿病網膜症は複雑な代謝異常の結果として生じると考えられているが,VEGFはその病態の進行に中心的な役割を果たしている。体表的な研究として,VEGFを長期間にわたり猿眼球内へ反復して注射すると,毛細血管瘤や網膜血管新生など,糖尿病網膜症に類似した病態が観察されることが報告されている。
 ここでは思い切って糖尿病網膜症の病態と,網膜レーザー凝固の奏効機序を以下のように単純化する。
①VEGFの過剰産生の結果,糖尿病膜症が発症する。
②網膜レーザー凝固は,VEGFの産生を抑制することで糖尿病網膜症の治療効果をもつ。

II.糖尿病網膜症の病態と病期(Davis分類)とVEGFの関係

 糖尿病網膜症の,糖尿病による網膜血管の病態変化を進行順に左側に,矢印を挟んで対応する3つの病期を以下に記載する。
1:網膜血管の透過性亢進⇔単純糖尿病網膜症
2:網膜血管の閉塞⇔増殖前糖尿病網膜症
3:網膜血管新生⇔増殖糖尿病網膜症
 網膜血管の障害が透過性亢進→閉塞→血管新生と進むと,これに従って,病期も単純→増殖前→増殖と進行する。このそれぞれの網膜血管の病態に,VEGFの働きが深く関与している。
網膜血管の透過性亢進← VEGFは網膜血管の透過性を著しく亢進させる。
網膜血管の閉塞→ VEGFの産生は虚血状態で著しく亢進する。
網膜血管新生→ VEGFは網膜血管新生を促進する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る