<< 一覧に戻る

糖尿病とBrain Attack

脳卒中データバンクにみる糖尿病

三瀧真悟山口修平

Diabetes Frontier Vol.20 No.5, 547-551, 2009

「はじめに」糖尿病は脳卒中発症の確立した危険因子とされ, 糖尿病患者での脳卒中発症のリスクは2~5倍上昇すると考えられる1)-8). また糖尿病は脳卒中再発のリスクにも影響し, 約2倍増加させるとされている9). 糖尿病患者では脳卒中の予後も悪化させ10), 1年後の死亡率は非糖尿病患者に比べ2倍高まるとする報告もある11). UKPDS(United Kingdom Prospective Diabetes Study)trialではHbA1cが1%上昇することで, 脳卒中死亡のオッズ比は1.37倍上昇するとされている12). 脳卒中データバンクは, 脳卒中急性期患者データベース構築研究(主任研究者:小林祥泰)として1999年から脳卒中急性期患者登録研究が開始された. 2008年10月現在全国163施設が参加しており, 脳卒中データバンク200913)では解析対象は47,782例に達している. 本稿では脳卒中と糖尿病に関して, 脳卒中データバンク2009をもとに概説する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る