<< 一覧に戻る

目でみるページ 糖尿病性血管病変の最新画像診断

心臓核医学検査:糖尿病性心筋障害の核医学診断

片岡一明

Diabetes Frontier Vol.20 No.5, 525-529, 2009

「はじめに」糖尿病患者は, 非糖尿病患者に比し, 心不全発症のリスクが2~5倍になるとされている1). また, 一旦, 糖尿病患者が心不全を発症するとその死亡率は非糖尿病患者に比し, 高いとされている2). 糖尿病が心筋障害を起こす原因としては, 大きく冠動脈疾患とそれ以外の糖尿病性心筋障害(いわゆる糖尿病性心筋症)が存在する. その不良な生命予後のため, 糖尿病患者における早期の合併心疾患の診断と適切な治療が望まれる. 核医学検査とは, 体内に放射性同位元素(radioisotope:RI)を投与して臓器に特異的に集積したRIをガンマカメラで撮像し, 得られた画像から形態・機能を診断する検査であり, このうち心臓領域に利用されているものを心臓核医学検査と呼ぶ. 1974年に99mTc-PYPにより心筋梗塞巣の陽性描出ができることが証明され3), 1975年には201Tl静注後, その初期分布は局所心筋血流を反映することが4), また1977年には201Tlの再分布現象が心筋viabilityを評価できることが発見された5).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る