<< 一覧に戻る

肥満治療の最前線

肥満症治療ターゲットとしての肥満関連遺伝子

堀田紀久子

Diabetes Frontier Vol.20 No.3, 310-313, 2009

「はじめに」 肥満はメタボリックシンドロームの重要な危険因子である. 肥満発症には環境因子のみならず, 遺伝素因が重要である. 近年single nucleotide polymorphism(SNP:一塩基多型)を用いたゲノムワイド相関解析研究(genome-wide association study:GWAS)により肥満関連遺伝子が同定されてきている. このようにして同定された肥満関連遺伝子は肥満症治療の新たなターゲットになることが期待される. 「I. 肥満の遺伝素因」 肥満発症に遺伝素因が関与していることは疫学的調査により実証されている. BMIの規定因子として遺伝素因が約67%寄与することが報告されている1)-3). このような研究から, 肥満発症には遺伝素因がかなり重要であると考えられる. 肥満関連遺伝子の検索は候補遺伝子解析と全ゲノム解析の両方から行われている. 候補遺伝子解析により肥満と有意な相関を認めた遺伝子は100以上になるが, 相関がなかったという報告もあり, それぞれの遺伝子がどの程度肥満に関連しているかはさらなる検討が必要である4)5).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る