<< 一覧に戻る

糖尿病管理におけるコメディカルの役割

糖尿病非専門施設(開業医)でのコメディカルの役割

石橋幸滋

Diabetes Frontier Vol.18 No.2, 123-125, 2007

「はじめに」糖尿病患者は約600万人であるが, その半数以上が糖尿病非専門施設(開業医)でケアされている. 実際, 当院でも300人以上の糖尿病および糖尿病予備軍の患者をケアしているが, すべての患者に十分な糖尿病ケアを提供できているかどうか自信はない. 特に生活指導やフットケアなど, われわれかかりつけ医が提供すべきケアに関して, 学生時代にはほとんど学んだ記憶もないし, 実際の知識や技術, 経験そして時間も足りないのが実情である. そこで, この足りない部分を補う役割をコメディカルスタッフに期待している開業医は少なくない. 当院では, 以前保健師および管理栄養士がこの役割を果たしてくれていたが, 寿退社により現在新しい看護師を教育中である. 保健師がいた時には生活習慣指導や糖尿病教室, そして栄養指導からインスリン指導, フットケアなど糖尿病の診断や薬物治療以外の部分をほとんど担ってもらっていたので大変助かった. 忙しい外来診療の時間を割いて個別指導を行うことが難しい開業医にとって, コメディカルのサポートは心強い限りである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る