<< 一覧に戻る

基礎医学セミナー

第11回 明らかになる「第2期がん対策推進基本計画」の中間評価と今後のがん対策の方向性

上園保仁

がん患者と対症療法 Vol.26 No.1, 80-84, 2015

「はじめに」『基礎医学セミナー』を連載させていただき,今回が11回目となります。第3回で「がん対策基本法」に基づいて計画された「がん対策推進基本計画」(2007~2012年)がちょうど見直しの時期に来ており,今後の緩和ケア推進,緩和ケア研究について紹介いたしました1)。第6回では「第2期がん対策推進基本計画」(2012~2017年)の概要を紹介いたしました2)。第2期基本計画には,がん体験者の声を活かしてさまざまな改正,取り組みが掲げられましたが,本年「第2期がん対策推進基本計画」も開始3年目となり,中間評価が行われています。今回は,「第2期がん対策推進基本計画」の中間評価の概要を紹介するとともに,今後のがん対策の方向性についても紹介します。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る