<< 一覧に戻る

がん病変の治療とともに歩む緩和ケア

がん患者の外見の変化に対するプログラムと心理的サポート

Programs and psychological support for cancer patients experiencing appearance changes

野澤桂子

がん患者と対症療法 Vol.22 No.2, 52-58, 2011

Summary
 従来のがん医療においては,生命予後に直接に係わらない患者の外見の問題は重視されなかった。しかし,医療技術の進歩や通院治療環境の整備により,社会生活を送りながら治療を継続する患者が増加している。このような社会との接触は,患者に対してその外見を意識することを余儀なくさせる。実際に,98%もの患者が外見に関連した情報やケアが病院から提供されることを希望し,その多くが「仕事中は従来どおりの姿を装うことが重要である」と答えていた。今後は,患者のQOLを維持しつつ治療の遂行をサポートし,その社会復帰を促進するためには外見に現れる症状への対策が重要性を増すと考えられる。そこで本稿では,患者の外見の問題を支援するプログラムのモデルと,その実施時における注意点を示す。

In cancer treatment, issues of physical appearance that have no direct bearing on a patient's prognosis have not been accorded much importance.
As a result of advancements in medical technology and improved outpatient treatment environments, a growing number of cancer patients are able to continue their social lives while undergoing treatment. Contact with society makes it difficult for patients to avoid being acutely aware of their physical appearance. As many as 98% of the patients we surveyed actually expressed a desire for their hospital to provide them with information and care related to personal appearance. When questioned, many also responded that, when at work, it was important to look the same as they had prior to treatment. In order to assist patients in maintaining their QOL, support their treatment implementation, and facilitate their reintegration into society, strategies that consider appearance-related symptoms are likely to become increasingly important in the future.
In this article, the author outlines certain precautions that should be observed when implementing model patient support programs related to issues of personal appearance.

Key Words
■がん患者の苦痛(cancer patient distress) ■外見(appearance) ■患者サポートプログラム(patient support programs) ■QOL(quality of life) ■情報提供(provision of information) ■美容ケア(beauty care)

はじめに

 がんの治療に対する日本とフランスの保険の範囲を比較すると(図1),生命予後に直接に係わらない外見の問題が日本の医療においては重視されなかったことが明らかである。

しかし,近年はQOL概念の浸透とともに,がん診療連携拠点病院などにおいて治療に伴う容姿の変化に対する情報提供やケアの取り組みが始められている。そこで本稿では,今後ますますニーズが高まると予測される外見関連患者サポートプログラムの理想的モデルを提案するとともに,医療者が外見の問題に関わることの心理的な意義を検討する。最後に,実施にあたって役立つ具体的注意点を示す。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る