<< 一覧に戻る

喘息・アレルギー診療のトピックス

抗IL-5抗体療法

中込一之永田真

喘息・アレルギー Vol.29 No.2, 101-107, 2016

気管支喘息(以下,喘息)は吸入ステロイド(inhaled corticosteroid:ICS)を中心とした抗炎症療法の普及により,以前と比べコントロール良好な疾患となったが,現在もなお年間約2,000人弱の喘息死があり,重症喘息の病態解明とその治療開発は急務である。近年フェノタイプまたはエンドタイプによる分類が進み,好酸球性気道炎症を特徴とする重症喘息では,抗インターロイキン(IL)-5抗体治療が有用であることが報告されている。本稿では,重症喘息における抗IL-5抗体療法の知見を中心に概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る