<< 検索結果に戻る

アレルギー機序による咳嗽―咳喘息とアトピー咳嗽―

Cough based on allergic mechanism ―Cough variant asthma and atopic cough―

喘息・アレルギー Vol.29 No.1, 48-54, 2016

「Summary」咳喘息とアトピー咳嗽は,慢性乾性咳嗽を呈する二大原因疾患である。両疾患とも好酸球性下気道疾患であり,アレルギーが関与する。咳喘息の基本病態は,生理学的には気管支平滑筋収縮による咳嗽反応の亢進,病理学的には中枢から末梢までの好酸球性気道炎症である。アトピー咳嗽の基本病態は,生理学的には気道表層に分布する咳受容体の感受性亢進であり,病理学的には中枢気道に限局した好酸球性気道炎症である。
「Key words」慢性咳嗽,咳受容体感受性,気管支平滑筋収縮,メサコリン誘発咳嗽反応,カプサイシン誘発咳嗽反応

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録