<< 一覧に戻る

家塵ダニアレルゲンの性状と標準化

Characteristics and standardization of house dust mite allergens

喘息・アレルギー Vol.29 No.1, 15-19, 2016

「Summary」家塵ダニ(house dust mite;以下,ダニ)はさまざまなアレルギー疾患に共通して重要な原因生物であり,多種類のアレルゲン分子を産生する。ダニアレルギーに対するアレルゲン免疫療法においては,ダニ抽出物がアレルゲンワクチンとして投与される。ダニ抽出物の品質は製造業者や製造方法の違いによって異なるため,一定の基準に基づいて「標準化」を行うことが望ましい。本稿では,まずダニに由来するアレルゲンコンポーネントに関する知見について,次にダニアレルゲンワクチン標準化について概説し,日本アレルギー学会タスクフォースによって最近行われたわが国における標準化について紹介する。
「Key words」アレルゲンコンポーネント,アレルゲン免疫療法,アレルゲンワクチン,アレルゲン標準化,皮内反応試験,代替in vitro試験,主要アレルゲン含量

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録