<< 一覧に戻る

特集 喘息・アレルギーと遺伝子Up-To-Date

小児気管支喘息と遺伝子多型

Childhood asthma and polymorphisms

近藤直実大鋸愛美

喘息 Vol.26 No.1, 48-59, 2013

「Summary」近年の遺伝子学の進歩により, 喘息・アレルギー領域での遺伝子に関する研究は国内外において膨大なものである. これらの研究を臨床に応用し, 活用し, QOLの向上や治癒や予防など患者に大きく貢献することが医学研究の究極の目的である. 本稿では, 喘息・アレルギー疾患において遺伝子多型・変異を解明する意義, 小児気管支喘息患者の遺伝的要因の解明としての遺伝子多型・変異, 解明された遺伝子多型・変異の臨床での遺伝子診断への応用, 解明された遺伝子多型・変異の臨床での発症予防と個別化治療(テーラーメイド治療)への応用, さらに遺伝子診療の説明と同意取得について概説した.
「はじめに」近年の遺伝子学の進歩により, 喘息・アレルギー領域での遺伝子に関する研究は国内外において膨大なものである. これらの研究を臨床に応用・活用し, QOLの向上や治癒や予防など患者に大きく貢献することが医学研究の究極の目的である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る