<< 一覧に戻る

アレルゲンと免疫療法の再考

喘息治療における免疫療法の現状と方向性

Allergen immunotherapy in asthma ; current status and future perspectives

中込一之永田真

喘息 Vol.24 No.1, 47-52, 2011

Summary
 気管支喘息の薬物治療は吸入ステロイド薬(ICS)などの抗炎症療法が主体であるが,近年ではICSは喘息を根治せしめるものではなく対症療法にすぎないことが明確化されつつある。一方アレルゲン免疫療法は,アレルギー疾患の自然経過を修飾しうる治療法とされる。喘息におけるアレルゲン免疫療法の一般的な適応は軽症~中等症のアトピー型喘息であり,その有効率は1秒率70%以上の症例で高い。また,気管支喘息の50~80%でアレルギー性鼻炎の合併がみられ,鼻炎合併例では鼻炎治療が喘息症状を改善させる。アレルゲン免疫療法はアレルギー性鼻炎に対するガイドライン治療であり,喘息においては特に鼻炎合併例がよい適応である。近年では,①舌下免疫療法などの投与経路の工夫,②Th1アジュバントの導入など安全性や治療効果を高める試みがされており,今後の発展が待たれる。

Key words
アレルゲン免疫療法,気管支喘息,アレルギー性鼻炎,舌下免疫療法,One airway,one disease

はじめに

 吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)を中心とした薬物療法の進歩により,気管支喘息はコントロール良好な疾患となった。しかし近年では,ICSは喘息の自然経過を修飾しないことがわかり,対症療法にすぎないと位置付けされつつある。一方,アレルゲン免疫療法はアレルギー疾患における免疫学的寛解を期待できる現存する唯一の治療法である。免疫療法は,病態の根本に存在するアレルゲン特異的Th2型免疫応答の制御を治療標的とし,疾患の自然経過を修飾する可能性を有する点で薬物療法とは異なった意義が期待できると考えられる。したがって,免疫療法のアレルギー治療における期待と評価は国際的には高まりつつあるが,わが国では標準化ダニアレルゲンが薬価収載されていないこと,本療法を施行できる施設あるいはアレルギー専門医が少ないことなどから,十分には施行されていないのが現状である。
 本稿では,喘息治療におけるアレルゲン免疫療法の現状と方向性について概説したい。

Ⅰ 喘息治療におけるアレルゲン免疫療法

 気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法は臨床症状と気道過敏性を改善させ,薬物減量効果を有することがメタアナリシスで示されている1)。何らかのアレルゲンを用いた免疫療法による症状改善のオッズ比は3.2(95% CI:2.2~4.9)で,ダニ免疫療法の薬物減量のオッズ比は4.2(95% CI:2.2~7.9),気道過敏性改善のオッズ比は6.8(95% CI:3.8~12.0)であった。
 喘息治療における免疫療法は,わが国のガイドラインではオプション的な位置付けであるが2),米国の成人喘息管理ガイドライン(EPR3)ではステップ2~4(軽症~中等症)でアレルギー性喘息の場合には免疫療法を考慮するとされている3)。WHO見解書による喘息における免疫療法の適応を表1に示す4)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る