<< 一覧に戻る

抗アレルギー薬の歴史

第6回 TXA₂阻害薬:TXA₂合成酵素阻害薬とTXA₂受容体拮抗薬について

湯川龍雄相良博典黒沢元博

喘息 Vol.23 No.2, 97-108, 2010

「はじめに」 アナフィラキシーに伴って産生されるRCS(Rabbit Aorta Contracting Substance)が1969年に発見され, この不安定な物質が1975年, Hambergらにより血小板で産生され血小板凝集能を有するトロンボキサン(thromboxane;TX)A2と同定・確認された1). TXA2は, アラキドン酸カスケードのシクロオキシゲナーゼ(cyclooxygenase;COX-1およびCOX-2)経路を経て, プロスタグランジン(prostaglandin;PG)H2よりTX合成酵素の作用により生合成されるアラキドン酸(arachidonic acid;AA)代謝産物の1つ(図1)で, 発見のきっかけとなった強力な血小板凝集作用のほか, 血管および気管支平滑筋収縮作用, 種々の細胞の分化・増殖またはアポトーシスの促進, また, ロイコトリエン(leukotriene;LTs)刺激によりTXA2が産生されることによる一部LTsの働きに対する修飾作用などさまざまな生理活性作用が報告されている2)-5).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る