<< 一覧に戻る

One airway,one disease

スギ花粉症と喘息に連関性はあるか?

中込一之永田真

喘息 Vol.23 No.1, 38-43, 2010

「Summary」スギ花粉症と喘息に連関性があるか?答えはyesである. 近年One airway, one diseaseの概念が提唱され, 上気道と下気道のアレルギー疾患で発症や病態形成が互いに連関する可能性が示唆されている. スギ花粉症においては, 喘息合併患者の約3分の1~2分の1で花粉による喘息症状悪化がみられ, ピークフロー値も低下する. この連関は, スギ花粉症の罹患率の低い地域でも同様に観察される. 両者の連関を念頭に置いた治療のポイントとしては, (1)ステロイド点鼻薬などの鼻治療により喘息症状が改善しうる, (2)ロイコトリエン受容体拮抗薬やアレルゲン免疫療法は両者に有効であり, 積極的に適応を考慮する, などが挙げられる. 「I 上気道と下気道の連関」気管支喘息とアレルギー性鼻炎が合併する比率は高く, アレルギー性鼻炎の30~40%に気管支喘息の合併が, 気管支喘息の50~80%にアレルギー性鼻炎の合併がみられる1). アレルギー性鼻炎は気管支喘息発症の独立した危険因子と認識され, アレルギー性鼻炎制御による喘息発症予防の可能性も示唆されている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る