<< 一覧に戻る

ガイドラインUp Date―各薬剤の位置づけ

Ⅱ.米国喘息管理・治療ガイドライン(EPR3)をめぐって EPR3の特徴

中込一之永田真

喘息 Vol.22 No.1, 44-50, 2009

「Summary」 専門家パネル報告書(Expert Panel Report;EPR)は米国の喘息診断・管理に関するガイドラインであり, 2007年に改訂版としてEPR3が公表された. 重症度(severity)の評価に基づき初期治療を行い, 管理(control)のモニターに基づき治療調節を行うことを推奨した. また, ステップを6つに分類し, 各ステップでの治療を簡素化した. 長期喘息管理における特徴としては, (1)患者教育やアレルゲン回避の重要性を強調, (2)長時間作用型β2刺激薬(long-acting β2-agonist;LABA)の危険性を指摘し, 吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)/LABA合剤をより慎重な位置づけとした, (3)アレルゲン免疫療法を軽症~中等症におけるアレルゲン関与が明確な喘息において考慮とした, などが挙げられる. 「I EPR3の概要」 米国喘息教育・予防プログラム(National Asthma Education and Prevention Program;NAEPP)は, 喘息の診断・管理に関するガイドライン(Guidelines for the Diagnosis and Management of Asthma)として2007年8月に専門家パネル報告書3(Expert Panel Report 3;EPR3)を公表した1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る