<< 一覧に戻る

ホネのかたち

骨を見る立ち位置⑪-上腕骨における水棲適応-

遠藤秀紀

THE BONE Vol.33 No.2, 117-121, 2019

水棲適応を遂げたグループは,運動器において著しい変形を遂げることが明らかである.一つの要因は浮力の世界に入って体重支持機能を失っていくことであり,いま一つのファクターは水の抵抗に対して有利なように身体形状が適応することである.今回は,水の世界での上腕骨の形態学的傾向を考えてみたい.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る