<< 一覧に戻る

特集 筋骨格系と小胞体ストレス

Ⅲ.筋と小胞体ストレス 2.骨格筋におけるエネルギー代謝調節と小胞体ストレス

親泊政一

THE BONE Vol.32 No.2, 67-72, 2018

骨格筋はヒトの最も重い臓器であり,代謝調節の要となっている.骨格筋において,生理的あるいは病理的状態で小胞体ストレスが惹起され,小胞体でのタンパク質折り畳みの恒常性維持以外に,小胞体ストレス応答が代謝調節にも関与することが次第に明らかになってきた.本稿では,小胞体ストレス応答による骨格筋でのエネルギー代謝調節について紹介すると同時に,小胞体ストレスを標的とした新たな治療法の開発戦略についても論じる.
「KEY WORDS」インスリン抵抗性,TRB3,AMPK,FGF21,化学シャペロン

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る