<< 検索結果に戻る

10. CKD-MBDにおけるビタミンDとFGF23

THE BONE Vol.30 No.4, 75-79, 2016

FGF23(Fibroblast growth factor 23)とVD(vitamin D)は,CKD-MBD(Chronic Kidney Disease-Mineral and Bone Disorder)の病態形成において中心的な役割を担う因子である.治療介入によるFGF23とVDの適切な調節は,臓器予後・生命予後の改善に繋がる可能性があるが,現時点では解決すべき問題点も多く残されている.
「KEY WORDS」CKD-MBD,活性型ビタミンD,天然型ビタミンD,FGF23,臓器予後・生命予後

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録