<< 検索結果に戻る

9. FGF23とリン代謝調節

THE BONE Vol.30 No.4, 67-73, 2016

線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23)は,1,25水酸化ビタミンDや副甲状腺ホルモンとならんで,血清リン濃度を調節する重要なホルモンである.骨細胞で産生されたFGF23は,腎近位尿細管におけるリン再吸収を抑制するとともに,血中1,25(OH)2D濃度の低下を介して小腸からのリン吸収も抑制する.各種のFGF23関連低リン血症性疾患とその遺伝子異常が明らかにされてきたが,それらの疾患におけるFGF23作用過剰の詳細な機序については不明な点が多く残されている.
「KEY WORDS」線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23),低リン血症,くる病,骨軟化症

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録