<< 検索結果に戻る

8. 低リン血症性くる病とFGF23

THE BONE Vol.30 No.4, 61-66, 2016

慢性的な低リン血症は骨の石灰化障害をもたらし,骨端線閉鎖以前の小児ではくる病を,成人においては骨軟化症を引き起こす.低リン血症を主因とする骨石灰化障害を低リン血症性くる病・骨軟化症と呼び,リン摂取不足や吸収障害による腸管からのリンの吸収減少や,腎臓からのリン喪失に基づく.腎臓からのリン喪失による低リン血症性くる病としては,尿細管の内在的な機能障害のほか,線維芽細胞成長因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23)の作用の過剰に基づく一群のFGF23関連低リン血症性くる病が挙げられる.血中FGF23値の測定は低リン血症性くる病の鑑別診断に有用である.
「KEY WORDS」FGF23,尿細管機能障害,X連鎖性低リン血症性くる病,腫瘍性骨軟化症,くる病診断マニュアル

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録