<< 一覧に戻る

特集 疼痛治療の最近の進歩と骨・関節疾患

アセトアミノフェンと非ステロイド性抗炎症薬

川合眞一

THE BONE Vol.27 No.1, 33-37, 2013

アセトアミノフェンと非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は, 歴史的にも現状においても疼痛治療における中心的薬物である. 前者は長年適応症と用量が限定されていたが, 変形性関節症の適応症と用量増量の承認により, 広く使われるようになった. 一方, 後者には実診療において抗炎症作用を期待されてきたが, 最近では鎮痛薬としての使用がほとんどである. NSAIDsの副作用が少なくないことから, 経口剤と坐剤の適応はより限定的であり, 貼付剤などの外用剤をうまく使うことが望まれている. 「はじめに」疼痛治療における薬物療法は近年多様化したが, アセトアミノフェン(acetaminophen:AAP)と非ステロイド性抗炎症薬(nonsteroidal anti-inflammatory drugs:NSAIDs)は歴史的にも現状においてもその中心的薬物である. AAPは長年適応症と用量が限定されていたが, 変形性関節症の適応症と用量増量の承認により広く使われるようになった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る