<< 一覧に戻る

骨質Ⅱ

基礎 非コラーゲン蛋白と骨質

石原浩樹

THE BONE Vol.24 No.3, 45-49, 2010

非コラーゲン性基質蛋白質であるオステオカルシンの骨における機能について, 遺伝子欠損およびワルファリン投与によるオステオカルシン欠乏モデルの実験結果から考察した. オステオカルシンは, 石灰化球の形成とコラーゲン線維の石灰化過程において機能し, 石灰化結晶の成熟を促進すると考えられた. また, 材料特性や骨吸収に対する抵抗性といった骨質の維持に関与している可能性が示唆された. 「はじめに」骨はミネラル成分と基質蛋白質からなり, 基質蛋白質の約90%は骨の機械的構造を構成するコラーゲンである. 残りの約10%が非コラーゲン性基質蛋白質であり, オステオカルシン(osteocalcin:OC), オステオポンチン, 骨シアロ蛋白質などが知られている. その中で骨での含有量が最も高く, 古くから研究されているものがOCである. OCは骨芽細胞の分化後期に高発現する蛋白質であり, 多くの哺乳類では49個のアミノ酸からなる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る