<< 一覧に戻る

特集 小児感染症の今

ロタウイルスワクチンの定期接種化

津川毅

Pharma Medica Vol.39 No.8, 47-50, 2021

ロタウイルスは小児の急性胃腸炎の代表的なウイルスであり,2006年にロタウイルスワクチンの有効性,安全性が報告され,わが国では2011年にロタリックス®,2012年にロタテック®が発売された。今回,2020年10月に定期接種となったロタウイルスワクチンについて概説する。
「KEY WORDS」ロタウイルス,ワクチン,予防接種,定期接種,腸重積症

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る