<< 一覧に戻る

特集 変形性関節症の病態・治療の最新知見

Ⅱ.各論(部位別)

変形性膝関節症 ②膝周囲骨切り術

桑島海人岡崎賢

Pharma Medica Vol.39 No.6, 41-45, 2021

膝周囲骨切り術 (around the knee osteotomies:AKO) は変形性膝関節症 (osteoarthritis,膝OA) に対する有効な治療法の1つであり,わが国でもAKOの術式の1つである高位脛骨骨切り術 (high tibial osteotomy:HTO) は1970年代から膝OAの治療として確立され,良好な長期成績も報告された。当時は術後長期の固定と荷重制限が必要であったため,人工膝関節置換術 (total knee arthroplasty:TKA) の普及に伴って,膝OAに対するHTOの手術件数の割合は減少していった。しかし,2000年代に入り,強固な固定性を有するロッキングプレートが開発されたことで,術後の後療法の期間が大幅に短縮され1),また,さまざまな術式の改良もあって再び世界的に普及してきている。
AKOの特徴として,患者自身の関節が温存されることで膝関節可動域も温存でき,重労働やスポーツにも制限なく復帰が可能となる。このことは,近年の健康寿命の延長とスポーツ活動への関心の高まりを考えた場合,TKAと比べて大きなメリットとなり,実際にAKOの手術件数も年々増加している。本稿では,膝OAに対するAKOの術式と成績について述べる。
「KEY WORDS」膝周囲骨切り術,下肢アライメント,高位脛骨骨切り術,大腿骨遠位骨切り術

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る