<< 一覧に戻る

特別企画 膵・消化管神経内分泌腫瘍を巡る最近の話題~NEN診断と治療の新時代~

「膵・消化管神経内分泌腫瘍(NEN)診療ガイドライン第2版」改訂のポイント

増井俊彦

Pharma Medica Vol.39 No.5, 62-65, 2021

「膵・消化管神経内分泌腫瘍(NEN)診療ガイドライン」は2015年に第1版が出版され,2019年には薬物治療の適応拡大,診断手法の進展を反映して第2版が刊行された。遠隔転移に対する集学的治療の重要性を反映して,局所治療は外科治療部門,遠隔転移治療は内科・集学的治療部門に分け,診断ではソマトスタチン受容体シンチグラフィ(somatostatin receptor scintigraphy:SRS)の保険適用を反映したアップデートを行うなど,さまざまな点が更新された。さらに,病理部門においては2019年に改訂された消化器の世界保健機構(World Health Organization:WHO)診断基準を解説し,教科書的な要素も盛り込んだ改訂となっている。本稿では,膵・消化管神経内分泌腫瘍の特徴とガイドライン作成の背景,改訂のポイントを概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る