<< 一覧に戻る

特集 間質性肺炎診療の今・未来

Ⅲ 間質性肺疾患研究の最前線 AI技術の応用

古川 大記

Pharma Medica Vol.38 No.3, 59-63, 2020

近年の人工知能(artificial intelligence:AI)に関する技術の発達に伴い,AIはすでに大なり小なりわれわれの生活に浸透している。たとえばお掃除ロボットや,個人の趣向を加味したインターネットウェブサイトの広告,写真撮像時の笑顔自動認識といったものから,車の自動運転まで,例を挙げると枚挙にいとまがない。同じように,医療分野にもAIによる技術革新の波が押し寄せている。
本稿では,AIの原理を簡単に説明しながら,医療分野における応用と,特に間質性肺疾患における現在の応用状況,さらに今後予想される展開について述べたい。
「KEY WORDS」人工知能(AI),深層学習,診断,間質性肺疾患

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る