<< 一覧に戻る

Medical Scope

小児鼻アレルギー診療のトピックス

松岡伴和

Pharma Medica Vol.37 No.11, 59-62, 2019

わが国における小児鼻アレルギー診療の中心は,現状では薬物療法である。しかし,薬物療法はあくまでも対症療法であり,鼻アレルギーの根本的な治療になるわけではない。アレルゲン免疫療法(AIT)は,唯一根治の可能性のある治療法であり,古くより皮下免疫療法(SCIT)が行われてきたが,稀にアナフィラキシーなどの重篤な副作用があり,日本では普及してこなかった。より安全性の高い舌下免疫療法(SLIT)は,欧州を中心に普及し,2014年よりわが国でもスギ花粉舌下液の販売が開始された。その後,ダニ舌下錠が登場し,世界に先駆けてわが国でのみ小児に対する適応が取得された。SLITを含めたAITは小児に対して有効な治療法であり,さらなる普及が期待される。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る