<< 検索結果に戻る

あらためて浮かび上がったムンプス予防の必要性

Pharma Medica Vol.36 No.5, 43-46, 2018

ムンプス感染は,流行性耳下腺炎,おたふくかぜ,とも呼ばれている。ムンプスウイルスはパラミクソウイルス科に属するRNAウイルスであり,飛沫感染を起こし,感染力も強いが不顕性感染も30~40%あるとされている。ムンプスは学校保健法では第5類感染症に指定されており,発症した場合には登校も制限される。しかし,最近もムンプスの大流行があったことは記憶に新しい。これは,予防接種率が低いために流行しやすいためとされている。
「KEY WORDS」高度難聴/不顕性感染/一側難聴

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録