<< 検索結果に戻る

皮膚免疫アレルギー疾患のprecision medicine

Pharma Medica Vol.36 No.4, 63-68, 2018

疾患の感受性は,その遺伝的背景と環境因子により規定される。環境因子は,以前は主に大気汚染,喫煙環境などが想定されていたが,最近はそれらに加えて,皮膚,腸管におけるmicrobiome,mycobiome,viromeなども含めて考えられている。また,家庭環境,経済状態,職業,学歴なども無視できない要因である。言い換えると,患者のclinical phenotypeは,患者の遺伝的背景であるgenotype,胎生期を含めた成長過程や環境因子により引き起こされる遺伝子の機能的変化であるepigenotype,環境因子,社会的要因などが複雑に絡み合って誘導される一連の生物学的反応により決定される。
「KEY WORDS」precision medicine/endotype/アトピー性皮膚炎/乾癬

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録