<< 検索結果に戻る

プライマリ・ケアでうつ病をどこまでみるか

Pharma Medica Vol.35 No.12, 47-49, 2017

プライマリ・ケア医においても,診療の結果,うつ病を含める抑うつ障害群や適応障害の患者であることが判明することは少なくない。それは高齢者のみならず,働いている中年層にも多い。また,明らかに身体疾患がある場合,それが重篤であればあるほど,精神疾患が併存することも多い。ただ,すべてのプライマリ・ケア医が,うつ病と思われる疾患に罹患している患者を診るというわけではない。うつ病など精神疾患の診断または治療に不得手な場合は,そのケアには消極的になる傾向がある。専門性が高いプライマリ・ケア医においてもその傾向はある。またうつ病などの診断が可能な場合でも,時間や労力がかかることを考えて,そのケアを避けるプライマリ・ケア医が全くいないとはいい切れないであろう。精神科医との連携がうまくとれている場合は,その傾向が強くなるかもしれない。以下,うつ病診療に少しでもかかわりのあるプライマリ・ケア医を念頭に置いて論じる。
「KEY WORDS」うつ病/プライマリ・ケア/精神科

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録