<< 一覧に戻る

特集 慢性便秘診療の今

糖尿病の合併症としての便秘症の特徴と治療ポイント

山田英司中島淳

Pharma Medica Vol.35 No.9, 21-25, 2017

糖尿病患者は健常人と比較してさまざまな消化器症状を呈することが知られている。なかでも便秘症状が最もその頻度が多いとされ,糖尿病患者の10.5~59.5%に認めるとされる1)2)。糖尿病患者における便秘の病態メカニズムはすべてが明らかになっているわけではない。また単一要因に起因するものではなく,いくつかの要因がオーバーラップしている可能性がある。本稿では糖尿病における便秘の特徴とその対策について述べてみたい。
「KEY WORDS」糖尿病,便秘,糖尿病性神経障害,薬剤性便秘

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る